スポンサーリンク

損保ジャパン日本興亜自動車保険の見積もり方法

損保ジャパン日本興亜の自動車保険見積もりは、カスタマーセンターや代理店に問い合わせるのが基本です。

カスタマーセンターは通話料無料で、平日午前9時から午後8時まで、土日祝日は午前9時から午後5時まで対応しています。

年末年始は休業しますが、それ以外は毎日営業を行っているので、何時でも電話で依頼することができます。

スポンサーリンク

問い合わせ窓口は電話だけでなく、インターネット窓口も用意されているので便利です。

インターネット窓口では、検討中の保険を問い合わせるフォームに加えて、意見や要望にその他の問い合わせが行えるフォームも用意されます。

見積もりは、新規契約お見積りについてというフォームから、損保ジャパン日本興亜に対して保険料の試算依頼ができます。

流れとしては、情報に関する取り扱いの同意を経て、問い合わせ内容の入力と確認後送信する形です。

受付が完了次第、メールか電話で返答がありますから、後は内容に目を通して自動車保険の契約を決めるだけです。

場合によっては、代理店や営業担当から電話が掛かってきますが、大抵のケースではメールで返答があります。

土日や祝日、ゴールデンウィークに年末年始をまたぐ時は、回答の連絡が発生するまでに時間が必要となるでしょう。

平日の問い合わせであれば、早ければ当日中か翌日には結果が出るはずです。

地域を担当する代理店が分かっている場合は、直接的に電話をした方が、より詳細に早く見積もり結果が出ます。

代理店を知りたい時も、損保ジャパン日本興亜のカスタマーセンターに問い合わせることで、地域の営業店を教えてくれます。

カスタマーセンターに電話をするほどではない、でも保険料の目安が知りたいなら、Webで提供される保険料のスピードチェックが役立ちます。

スピードチェックは簡易的ですが、5つの項目に答えるだけで、簡単に保険料の概算結果が判明します。

免許証の色や、車を運転する家族や友人といった範囲、そして年齢層や契約中のノンフリート等級などを選択するだけです。

最後は乗っている車の排気量を選択することで、直ぐに簡易的な見積もりが行われて概算が表示されます。

あくまでも簡易的なチェックサービスなので、正確な保険料が確定するわけではありませんが、大まかな金額は分かるので保険の検討が前向きになります。

より正確な見積もりを求める場合は、Webの該当ページで依頼を出したり、結果を参照して検討に入るのが得策です。

スポンサーリンク

新着情報

損保ジャパン日本興亜自動車保険の見積もり方法

損保ジャパン日本興亜自動車保険の見積もり方法について掲載しています。

東京海上日動自動車保険の特徴

東京海上日動自動車保険の特徴について掲載しています。

東京海上日動自動車保険の見積もり方法

東京海上日動自動車保険の見積もり方法について掲載しています。

高額療養費制度が 2017年8月に続き18年8月も見直し。

高額療養費制度について掲載しています。

ソニー損保の自動車保険の格安比較

ソニー損保の自動車保険について掲載しています。

スポンサーリンク